カードローンの返済計画の立て方

カードローンを利用する前にしっかりと考えておきたいのが返済計画です。自分が借り入れする金額をどれくらいの期間で返済していくのかを知る事は将来設計の為にとても大切な事であり、借り入れする前に知っておかなければならない事でもあります。

 

利用期間を考えて借りるようにすれば失敗しづらい

返済計画の立て方としては、毎月の返済額から考える方法と、返済月数から考える方法があります。カードローンを利用する場合には面倒な利息の計算を含めて考えなければならないので、自分で計算するよりも簡単な方法としてカードローンを利用する予定の会社のウェブサイトにある返済シミュレーションを使って計算するのが手っ取り早いでしょう。

 

返済シミュレーションが出来ない会社の場合は他社の返済シミュレーションでも計算が出来る所があるので検索してみましょう。

 

ダラダラと返済を長引かせないようにする

返済期間を決めてカードローンを利用したい人は、利用希望額÷返済月数を借入利率で計算する事により、毎月いくら返済していく必要があるかを知る事が出来ます。とにかく自分が決めた期間内に返済を終わらせたいと考える人は、この方法で返済計画を立てるのがおススメです。

 

毎月の返済額はこの金額までしか厳しいという考えがある人は、利用希望額÷返済額を借入利率で計算する事で返済月数を知る事が出来ます。毎月の返済額が少ない場合は長期による返済になる可能性が高いので、返済月数を計算してみて期間が長すぎるなと思ったら積極的に繰り上げ返済が出来るように頭に入れておく事で返済月数を短くする事も可能です。

 

カードローンと目的別ローンの使い分け方法

ローンにはカードローンと目的別ローンがあり、同じお金を借りる方法とはいえ使用用途が違ってくるのでよく考えてから使い分けする事が大切です。目的別ローンは有名なローンとしてオートローンや教育ローン等がありますが、これらのローンは車を購入する、教育費として使うという明確な目的があってお金を借りるローンであり、オートローンを使って旅行費に充てたり緊急時の出費として使用するような事は出来ません。

 

目的別ローンは自動車購入にしろ教育費にしろ、使う時にまとめて借りるというローンの方法です。反対にカードローンは目的が何であっても使い方は自由であり、一度に限度額まで借り入れせずに必要な時に必要な分だけ借り入れする事が出来るローンなのです。

 

目的ローンとフリーローンにはそれぞれの利点がある

オートローンで旅行に行く事は出来ませんが、カードローンで自動車を購入する事は限度額の範囲であれば可能という事です。だったらみんなカードローンを利用すれば良いのでは?と思うかもしれませんが、カードローンの場合は目的別ローンに比べてまとまったお金を借りるのは難しい点や、目的別ローンよりも金利が高くなるという違いがあります。

 

目的がはっきりしていて、まとまったお金が必要な場合は、低金利でゆとりのある返済計画を立てる事が出来る目的別ローンを利用した方が良いです。急な出費や使用目的がこれといって決まっていない借り入れについては、カードローンが便利です。目的別ローンに比べると金利は高い場合が殆どですが、その代わりに保証人や担保も一切不要で気軽に利用しやすいというメリットがあります。

 

来店不要で手続き可能
オリックス銀行カードローン
最短即日審査回答